困った人にならないために | 自分らしく楽しめる!便利な風俗店デリヘルで楽しもう
menu

困った人にならないために

赤いドレスを着ている女性

デリヘルを利用する際、誰もが楽しい気分でサービスを受けたいと思っているはずですが、自分が楽しみたいばかりにデリヘル嬢から「この人は困ったお客さんだ」と言われ、店舗のブラックリストに掲載されてしまうような人も中にはいます。
そういった困ったお客になってしまわないようにするにはどうすればよいのか、そんな疑問に対して答えるために、実際に浜松市内の某デリヘルで働くデリヘル嬢に「こういうお客になると嫌われる」というお客の話などをこっそりと教えてもらいました。
店舗に知られると本人も困るとのことなので、決して誰が答えたのかというのを探さないようにして下さい。

--Aさんへの質問--

質問者(以下:質).どういう人が困ったお客だと言われるの?
Aさん(以下:A).やっぱり禁止されてることやダメだって言ってる事を無理やり押し通そうとする人ですね

質.例えばどういうことですか?
A.よくあるのが本番をしようとする人とか、後こっそりどこかにカメラを仕込んで盗撮しようとする人ですね

質.そういう人って結構多いんですか?
A.最近は数も減ってきてるみたいですけど、それでもやっぱりいますね

質.そういう人に会った時はどうしていますか?
A.とりあえずすぐに部屋を出て、近くで待機してるドライバーに電話をかけてます。そうしたらすぐに来てくれて、後はドライバーが対応してくれるので

--以上質問の答え--

本番行為というのは売防法と呼ばれる法律によって厳密に禁止されている行為であり、強引に行為に及ぼうとした場合には非常に多くの法律によって罰せられるような事態が発生します。
そして行為の盗撮に関しても同じく迷惑防止条例等違反によって厳しく罰せられる事でもあるので、デリヘルを利用する際にはこういった行為は絶対に行わず、正しくルールを守りながら紳士的に、しかし自分らしいこだわりを捨てずにサービスを楽しむようにしましょう。